»【10万円】ポイントサイトで稼ぐ方法15選まとめ!画像つきで解説

インデックス投資の始め方まとめ:安全に投資を始めよう【開設手順〜銘柄まで完全解説】

最大16,000円ポイントもらえる

»ハピタスからSBI証券を開設する手順はこちら

ヒロキ(共同運営者)

「インデックス投資の始め方」をこの1記事で全てまとめました!

この記事だけで全て理解できるようにしたので少し長いですが、一緒に頑張りましょう

16,000円分のボーナスポイントをもらえる方法も解説

  • 老後2,000万円問題などで老後の生活費が心配
  • 貯金だけをしても資産が増えないことを実感した
  • 投資をした方が良いのは理解したけど、何から始めるのか分からない

そんな方にオススメなのが、インデックス投資。

インデックス投資は長期的に取り組むことで比較的安全に資産を増やすことができます。

本記事では「インデックス投資の説明」「メリット・デメリット」「銘柄の選び方」「始め方」まで、この1記事で完全解説しています。

先に結論

  • »SBI証券」または「»楽天証券
    (使用する証券口座)
  • eMAXIS Slim 全世界株式(オールカントリー)
    (オススメ銘柄)
  • 始める時期はなるべく早く
    (投資は時間を味方にする)
  • 口座開設つみたてNISA
    (開設手順を解説)
  • 裏技でボーナスポイントもらえる!
  • 投資関連のオススメ書籍も紹介

最大16,000円ポイントもらえる

»ハピタスからSBI証券を開設する手順はこちら


目次

インデックス投資とは?

インデックス投資とは個別企業の株式を購入するのではなく、

「日経平均」や「ダウ」「S&P500」などの「株価指数」に連動する投資信託を購入することを指す。

インデックス投資は個別株投資と比べて株価暴落のリスクが低く、長期的に取り組むことで安全に資産を増やせる投資手法です。

「インデックス投資」の逆の投資手法は「個別株投資」

個別株投資はその名の通り、ソフトバンクなど個別の会社の株式を購入して株価上昇や配当金を狙うものですが、個別企業への投資なので当然リスクも大きいです。

インデックス投資は指数に連動するので一つの会社が業績悪化や倒産をしても影響はほぼ無いですが、個別株投資では投資している会社が倒産したらおしまいですよね。

「個別株投資」は大きなリターンを狙える一方で、資産が減るリスクも大きい投資。

それに対して「インデックス投資」は「日経平均」「S&P500」などの指数に連動しているので、個別企業の分析も不要で、放ったらかしで良いのが強みです。

最大16,000円ポイントもらえる

»ハピタスからSBI証券を開設する手順はこちら

インデックス投資のメリット

インデックス投資のメリット

  1. 投資初心者でも始めやすい
  2. 運用コスト(手数料)が低い
  3. 手間がかからない
  4. 個別株のような銘柄分析が不要
    (「日経平均」「S&P500」などの指数連動)
  5. 分散投資できる

インデックス投資は初心者でも始めやすい

インデックス投資の大きなメリットは、初心者でも始めやすこと。

インデックス投資は「日経平均株価」「S&P500」などの指数と連動しているため、個別株のような銘柄分析がいらず分かりやすいのが良い点です。

毎月定額を積み立てて、あとは長期間続けるだけなので初心者に一番オススメな投資方法です。

インデックス投資は運用コスト(手数料)が低い

インデックス投資は運用コスト(手数料)が安いのも魅力です。

指数に連動する投資商品のため、機械的に運用されるので運用コストを最低限まで安くすることができます。

【ちなみに…アクティブファンドは】

ファンドマネージャーが調査・分析・投資をしている手法。人が行うことで人件費などかかり、そのコストが運用コストに上乗せされて高額になってしまいます。

インデックス投資ではなく、アクティブファンド投資するメリットはほぼありません。

皆さんは変なアクティブファンドに騙されること無く、インデックス投資を淡々と続けてくださいね。

インデックス投資は手間がかからない

インデックス投資は手間がかかりません。

次の章で解説しますが、個別株の投資は「銘柄分析」「経営状況の分析」「市場分析」などをする必要があり、手間も時間もたくさんかかりますが、インデックス投資ではそれらは不要です。

これから先

  • 世界経済はどうなるか
  • アメリカ経済はどうなるか
  • 日本経済はどうなるか

といった大きなことだけを考えれば良いので、インデックス投資は手間が本当にかからないんですよね。

世界規模でみたら経済は長期的に見たら右肩上がりなので、「全世界連動のインデックス投資」をすればベターです。

»銘柄選びについても後述しています。

最大16,000円ポイントもらえる

»ハピタスからSBI証券を開設する手順はこちら

インデックス投資は銘柄分析が不要
(個別株は大変)

»インデックス投資は手間がかからない」でお話したように、「世界経済はこれからどうなるか」といったことだけを考えれば良いので、手間が本当にかからないんですよね。

しかし:個別株の投資では

  • 経営状況の確認
  • 財務状況の確認
  • 業界の動向
  • 影響を受ける業界の動向

このようなことを考えなくてはいけません。

旅行業界を例にして、一緒に考えてみましょう。

:旅行業界

  1. ウィルスの影響で、旅行者が減って売上も激減
  2. 売上が減り、経営状況や財務状況も良くないから株価も下落中
  3. 【もしもの話】…しかしワクチンが開発されたので、まもなくウィルスが世界から消える
  4. ウィルスが消えたたら旅行業界も活発になり、売上も伸び、株価も上がる「と思われる」

     ↓ ↓

  1. ④のように思う人が旅行業界の企業の株を買う。(まだウィルスはあるのに)
  2. 株を買う人が増えると株価も上がる。
  3. 数カ月後、本当にウィルスが世界から消えたことで旅行業界も活発になり、企業の業績も良くなる。
  4. 株価も上がる。

これはほんの一例ですが個別株投資は、「その企業の経営&財務状況」「業界」「影響を受ける業界の動向」などを細かく分析しなくてはいけないので大変すぎます。

しかも分析してもそれが正しいとは限りません。

ワクチンが完成した!

けど数日後に致命的な欠陥が分かり、完成は未定になった…。

企業の財務を分析したところ、今が割安だ!

けど、粉飾(嘘の会計・財務)をしており、実態は倒産寸前の会社だった…。

など、そもそも分析が大変なのに、その分析する元情報が間違っていたら、正しい分析なんてできるわけありません。

不確定な分析で、大事なお金を運用するの怖くないですか?

その個別企業の株を購入した後に分析が間違いだった。企業が粉飾をしてた。と分かってももう遅いです…。

インデックス投資は難しい分析が不要で、定期的に積み立てていくだけでいいので、初心者にオススメの投資方法です。

インデックス投資は分散投資できる

投資の世界は分散投資が基本です。

一つの企業だけではなく、複数の企業に投資する。そうすることで一つの会社が倒産や株価下落しても他でカバーできる。

この分散投資を極めたものがインデックス投資です。

インデックス投資の投資商品はいくつもありますが、一つの商品を購入するだけで超分散投資になります。

指数投資先
日経平均株価日本を代表する225社(東証一部上場の中でもトップ225社)に分散投資
S&P500アメリカを代表する500社に分散投資
全世界株式”全世界”の株式に分散投資

例えば

「eMAXIS Slim 米国株式S&P500」に投資すれば、一つの投資商品を購入するだけで、ほぼアメリカ全体に投資しているのと同じ。

「eMAXIS Slim 全世界株式(オールカントリー)」に投資すれば、世界中に分散投資してるのと同じ。

インデックス投資によって分散投資をすることができるので、リスクを低く抑えることができるんです。

なお、一つの投資信託商品に絞る必要はないので、「eMAXIS Slim 米国株式S&P500」と「eMAXIS Slim 全世界株式(オールカントリー)」両方に投資することも可能です

最大16,000円ポイントもらえる

»ハピタスからSBI証券を開設する手順はこちら

»ハピタスについて詳しく解説している記事


インデックス投資のデメリット

インデックス投資のデメリット

  1. 市場平均以上の利益を得ることはできない
  2. インデックス投資は単純でつまらない

インデックス投資は短期間で大きな利益は得られない

インデックス投資のデメリットというか特徴として、短期間で膨大なリターンを得れません。

インデックス投資は「日経平均株価」「S&P500」「全世界株式」などの指数に連動しているので、安定的な値動きをします。

なので、その指数を上回るリターンを得ることはできません。

個別株では短期間で株価が2倍になる場合もありますが、インデックス投資ではそのようなことは基本ありません。

インデックス投資は長期間の投資を続けることで、安心安定にリターンを得ていく手法です。

どっちが良い?

インデックス投資90点を取る投資
個別株投資100点を取れるかもしれないが、0点になるかもしれない

インデックス投資と個別株投資のイメージはこんなところです。

インデックス投資で安全に90点を目指したほうが良くないですか?

ちなみに、全世界株式の平均 “年間” リターンは 5.97%

理論上、買って持ち続けるだけで12年後に2倍になっています

一度買うだけでなく、定期的に積立投資することで投資機会を逃さないので「つみたてNISA」はとても優秀な制度です

インデックス投資はつまらない

インデックス投資は一度銘柄を決めたらその後は、定期積立をするだけなので手間がかかりません。

これはメリットでもあるのですが、インデックス投資はやることがなさすぎて「つまらない」と感じる人もいるでしょう。

そうした人は個別株やアクティブファンドに手を出してしまい、結果マイナスになることも珍しくありません。

「余計なことをしない」というのが意外と難しいんです。

投資の知識や興味が出てきたら、インデックス投資の「積立金額」を増やしたり、「債権」について学びましょう。

個別株投資やアクティブファンドには基本的に手を出さないでくださいね。

最大16,000円ポイントもらえる

»ハピタスからSBI証券を開設する手順はこちら

インデックス投資の銘柄選び
(全世界vs.米国)

  • eMAXIS Slim 全世界株式(オールカントリー)
  • eMAXIS Slim 米国株式S&P500

インデックス投資を始める時にまず銘柄の候補になるのが、この2つ。

結論!

迷ったら「eMAXIS Slim 全世界株式(オールカントリー)

「eMAXIS Slim 全世界株式(オールカントリー)」がオススメ理由を解説していきます。

eMAXIS Slim 全世界株式(オールカントリー)

「三菱UFJ国際投信:投資信託説明書」より引用

「eMAXIS Slim 全世界株式」を選んでもアメリカが「58.3%」含まれています。

アメリカは世界に対してこんなに強い影響を持っているので、「eMAXIS Slim 全世界株式」「eMAXIS Slim 米国株式S&P500」どちらを選んでもアメリカが鍵を握っています。

そもそもアメリカ経済とその他国の経済も密接に関わっているので、アメリカがつまずいたら他国もつまずきます。

だから難しいことは考えずにeMAXIS Slim 全世界株式(オールカントリー)」を選んでおくのが、リスクとリターンを考えた時に最も合理的な選択のひとつでしょう。

eMAXIS Slim 全世界株式(オールカントリー)」を持っていれば、

今後インドなどの新興国経済が伸びてきてもしっかりと利益を得ることができます

最大16,000円ポイントもらえる

»ハピタスからSBI証券を開設する手順はこちら


インデックス投資の始め方

  1. 証券口座の開設
  2. インデックス投資の商品を選ぶ
  3. 購入する

まず証券口座の開設ですが「»SBI証券」または「»楽天証券」のどちらかを選べば間違いないです。

どちらの証券会社も「手数料が業界最安クラス」で、「つみたてNISA」「iDeCo」なども対応できるので、長期的に付き合っていける証券会社。

»SBI証券」または「»楽天証券」どちらを選んでも間違いないですが、今回は将来的にできる選択が多い「SBI証券」をオススメします。

SBI証券は

  1. SBIネット銀行と連動している
  2. 為替手数料が業界最安クラス
  3. ”米国株”の定期自動積立も可能
    (個別株・ETF含む)

特に③が他社にはないサービスです。

後で証券口座を変更するのは余計な手間なので、最初から選択肢が多い方を選んでおくのが安定です。

そして口座開設にあたって、「SBI証券」は以下のように裏技でボーナスポイントを得ることができるのもオススメ理由

最大16,000円ポイントもらえる

»ハピタスからSBI証券を開設する手順はこちら

【SBI証券口座開設】ハピタスから申し込むと、最大16,000円分ポイントもらえる!

最大16,000円ポイントもらえる

»ハピタスからSBI証券を開設する手順はこちら

普通に申し込んでも何も得しませんが、「»ハピタス」というポイントサイトに登録して、ハピタスから「SBI証券」の口座開設をすることで上記の通りポイントがたくさんもらえます!

ボーナスポイント獲得条件

「SBI証券」と「SBIネット銀行」が必要

「SBI証券」から「SBIネット銀行の “SBIハイブリット預金” 」へ、一括で50,000円以上振替を行うことがポイント獲得条件

「SBI証券」申込みでボーナスポイントもらう手順

  1. »ハピタスに無料登録する
    (ポイントサイト)
  2. ハピタスから「SBI証券」の口座開設をする
  3. »SBIネット銀行を開設する
    (既に持っている人は、”»SBIハイブリット預金” の手続きだけする)
  4. SBIネット銀行にて、”SBIハイブリット預金” の手続きをする
    (SBIネット銀行とSBI証券を繋ぐ口座)
  5. 「SBI証券」から「SBIハイブリット預金」に50,000円以上を振替
    (振替手数料無料)
  6. ボーナスポイントゲット!

②と③は時間短縮のために同時に進めましょう。

ハピタスから「SBI証券」を申し込む

  1. »ハピタスにログイン
  2. サイトのページ下部に行き
  3. 「みんなdeポイント」→「マネー・金融」→「SBI証券を選択

もしくはハピタスサイト内で直接検索
(※直接検索だと表示されない場合があるので、①〜③の手順で探しましょう!)

「残り時間」と焦らせてきますが、↓↓の期日までは問題なく適用されるのでご安心ください。

残り時間」が終わっても、↓↓の期日まではまた残り時間が復活します。

最大16,000円ポイントもらえる

»ハピタスからSBI証券を開設する手順はこちら

SBI証券の口座を開設してボーナスポイントをもらうのは、

  • 「SBI証券」の口座を作り、「SBIネット銀行で “SBIハイブリット預金” 」の手続きをする
  • 「SBI証券」から、「SBIハイブリット預金」に50,000円以上を口座振替をする

たったこれだけのこと。

超簡単なので、是非ハピタス(ポイントサイト)から、SBI証券を申し込んでポイントをたくさんもらってくださいね!

これも多くの人は知らずに、SBI証券の公式サイトから普通に申し込んでいますが、もったいないですよね。

ハピタス経由で申し込むだけでポイントをたくさんもらえるので、これを知っている皆さんはお得に申し込めます!


SBI証券で「つみたてNISA」を始める

SBI証券で「つみたてNISA」をする

  1. SBI証券で既に口座開設をしている
    »口座開設手順の章を確認する
  2. »SBI証券の公式ページ」に飛ぶ
  3. 「SBI証券の口座をお持ちの方:つみたてNISAに申し込む」
  4. サイト記載の手順で「つみたてNISA」口座を開設していく

「つみたてNISA」の手続きは上↑からしてください。

一方で「SBI証券」の口座開設は下↓から行わないと、ボーナスポイントがもらえないのでご注意ください。

最大16,000円ポイントもらえる

»ハピタスからSBI証券を開設する手順はこちら

インデックス投資おすすめ書籍3選

インデックス投資に特化した書籍

インデックス投資の入口から出口戦略まで、一冊で解説しています。

本記事で証券口座を開設し、インデックス投資を始めた後にこの本を読んでみましょう。インデックス投資についてより深く理解することができ、不安を感じることがなくなります。

やれば人生が変わる〈お金の勉強〉超実践型バイブル! 経済的な不安がなくなり、貯める・稼ぐ・増やす・守る・使う、一生お金に困らない「5つの力」が身につく!

インデックス投資だけに限らず、税金、社会補償、保険、持ち家、などお金に関することが幅広く学べます。

幅広くお金の勉強をする方に読んでほしい一冊。

全米累計100万部を超える名著中の名著

インデックス投資の有用性について詳しく書かれている伝統ある書籍。

「投資初心者の自分でも長期運用を適切に続けることで豊かになれる」ということが理解できるようになります。

本書は投資に関してある程度の前提知識があったほうが理解しやすいので、「»お金は寝かせて増やしなさい」「»本当の自由を手に入れるお金の大学」を読んだ後に読みましょう

当記事でインデックス投資を始めて、上記3書籍で理解を深めることで、インデックス投資を超長期間迷いなく続けることができるでしょう。

投資は時間を味方に付けることが大事です。

時間と共に市場経済が成長していき、それに投資している僕らも利益を得られるので一日でも早くはじめてください!

手順は全て解説しています、今日から始めていきましょう!

少しでも参考になったら嬉しいです。

最大16,000円ポイントもらえる

»ハピタスからSBI証券を開設する手順はこちら

»ハピタスについて詳しく解説している記事



この記事が気に入ったら
フォローしてね!

目次
閉じる